水漏れ修理を解決しよう

屋根雨漏り修理を自分で行う危険

屋根雨漏り修理は、規模の小さなものであれば自分で直す事が可能です。

屋根の材質と、漏れている個所によって使用するアイテムも違ってきます。コンクリートやストレート・アスファルト面に使うことが出来る防水材を、瓦屋根に用いてもあまり効果が得られない場合が多く、防水シートで一時的に防いで、瓦が割れている部分がないかなどの確認をして、取り替える事が必要となってきます。天井に大きなシミができている、壁などをにもつたってきて水の流れた跡が残るほどだと、塗装のし直しや大工工事が必要になる可能性がありますし、どこから漏れているか原因がわからないときは、業者に依頼したほうが良いです。

屋根雨漏り修理で漏れている場所を探すときに、雨が降っている日のほうが都合が良い様に感じてしまいますが、屋根全体に雨が降っていると場所の特定が難しくなるため、晴れている日に部分的に放水し、漏れてくるかを見ればどこの場所が原因であるか特定が行いやすくなります。

屋根の角度が急であったり、滑りやすい材質でつくられているとき、素人が屋根に上ることは危険ですから、できるだけプロに任せ、どうしても屋根雨漏りの修理をしたいなら、万が一のことを考えて1人ではなく2人以上で行い、はしごを支えるなどして転落を防止する配慮を行うべきです。長年雨漏りが続いていた場合、木材が腐ったりコンクリートなども劣化が進んでいて穴が空くこともあります。足を踏み外す要因になるため、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *