水漏れ修理を解決しよう

トイレは水のトラブルが起こりやすい場所です

水のトラブルには詰まりと水漏れの2種類がありますが、水漏れは水の無駄遣いになる、水漏れは汚水などの場合は衛生面でも不安要素があります。

特にトイレは水のトラブルが起こりやすい場所などからも、少しでも普段とは違った流れ方をする、使い終えた後にタンクレバーを回した時に違和感がある時は早めに何らかの対処が必要です。トイレで詰まりが起きてしまうと、トイレの水を流すことができなくなるため、生活にも不便さが生じてしまいます。詰まりの原因の中でも多いのはトイレットペーパーを一度に大量に捨てること、大量に流すと便器内部の狭い空間で詰まりが生じて、これが原因で流れを悪くする、最悪の場合は流れなくなることもあるため注意が必要です。

流れが悪い時に水を流してしまえば便器から溢れて来る、最悪の水のトラブルに発展してしまうわけです。一方、タンクの水からチョロチョロと流れ続けるような水漏れは、タンク内の部品故障もしくは劣化によるもので、部品を交換することにより解決できることもあります。

タンクの蓋を開けると中を覗くことができますが、手洗い用の水栓が取り付けてあり、蓋を開けると同時に内部から水が噴き出して来ますので、タンクの蓋を開ける際には必ず止水栓を閉じてから行うようにしましょう。止水栓は住宅すべての水を止めることができる元栓ではなく、それぞれの設備に設けてあるもの、トイレの場合はタンクの後方付近や床下などにあるので、これを使って水の流れをストップさせることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *