水漏れ修理を解決しよう

水のトラブルの原因には何があるのか?

水道の蛇口からポタポタと落ちる水漏れ、そのままにしておくと水のトラブルは悪化してしまうケースが多いようです。

蛇口内部にはゴムでできているパッキンと呼ぶ部品があります。これはシールとも呼ぶ部品で隙間から水が漏れないようにするために使われているものです。蛇口を捻れば水が流れて来る便利な時代、しかしゴムは劣化すると蛇口を捻らない時でも流れて来ることになります。こうした水のトラブルの場合はゴムパッキンを新しいものと交換すれば解決できます。パッキンはホームセンターで数十円程度の金額で購入ができるので、専門業者に依頼することなく自ら修理することも可能です。

浴室にある混合栓は内部にサーモスタットと呼ぶ電子部品が内蔵されている水栓金具です。混合栓による水のトラブルで多いのはゴムパッキンの劣化による水漏れやシャワーヘッドから落ちて来る残留水などです。混合栓の内部は複雑で、素人が分解すると元通りにならないこともあるなど、メーカー側は専門業者への修理を推奨しています。

そのため、台所や洗面所などの蛇口からの水のトラブルとは異なり専門業者に依頼することをお勧めします。シャワーヘッドから水が漏れて来る場合、蛇口ホース側に問題があるケースと残留水による水漏れの2つが考えられると言います。残留水は内部に溜まっているものが漏れるもので、そのままにしておいても問題はありません。シャワーヘッドの水が出て来る側を上にした時に、水が溢れて来る場合は修理が必要ですが、何も起こらない場合はそのまま使い続けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *