水漏れ修理を解決しよう

水漏れを修理するときに使う道具類と応急処置

素人が水漏れを修理する際は、やはり道具類をそろえるおくのは必須要件です。

ただでさえ慣れていませんので、例えばネットなどで情報を集めるにしても、そのとおりに修理するには同じような道具が必要です。素人がうまくやるには、玄人の真似をするのが一番の近道です。そのためにも同じような道具をそろえるのはとても重要です。まず必要なのはウォーターポンププライヤーです。水廻りの部品にはパッキンというゴム製の部品を使うことが多いのですが、それに関連した道具が必要です。ウォーターポンププライヤーはパッキン押さえのナットを緩めるたまの道具で、普通のプライヤーやペンチに比して柄が長く先のほうが斜めになっていますので壁面もしくは床面での作業に適しています。

水栓取り外しレンチは水栓本体を取り外す際に便利な道具です。それほど力を必要とせずに水栓を取り外せますので是非とも用意しておきたい道具です。プラスドライバーはハンドルを取り外す際に使います。ピンセットは蛇口に内部にあるコマを取り出すときに使います。コマは細い穴の中に入っている部品ですので取り出すのにピンセットがありますと便利です。

これまでに紹介してきました道具類は応急処置でも使うことができます。水漏れがわかっても本格的に直す時間がないときもありますが、そういうときにも役に立ちます。例えば、水漏れはナットが緩んでいたりすることが原因の場合がありますが、そのときにウォーターポンププライヤーやレンチで締めるだけで一応の処置になることがあります。水漏れ修理には道具のほかに材料も必要ですが、先ほど説明しましたパッキンやコマの各種そして、シールテープなども用意しておきますと作業をしているときに重宝します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *