水漏れ修理を解決しよう

水漏れを修理する前に押さえておきたいこと

水漏れと一口に言いましても、原因はさまざまです。

基本的にお水にはこれから利用するためのお水と使い終わって排出するためのものがあります。水漏れの原因もそれによって違ってくるのですが、ここでは排出時における水漏れについて説明します。排出時の水漏れの原因はパイプの接合部分が劣化する場合とどこかが詰まってしまい、その圧力で水漏れすることがあります。接合部分の劣化の修理は、実にシンプルで劣化したものを交換するなり新しくつけたりすれば修理できます。しかし、パイプ詰まりの場合は詰まっている根本原因を取り除く必要があります。

詰まりの原因も様々ですが、例えば小さなお子さんがいる場合はおもちゃなどをトイレに落して詰まらせたりします。そのほかには髪の毛と油の融合物が排水管の周りに固まって詰まることもあります。こうした詰まりは業者に依頼することももちろんありますが、意外に費用がかかるものです。ですので、一応は自分で挑戦する価値があります。それでもだめなときは業者に依頼することになりますが、挑戦したあとですので費用が高くてもあきらめがつくというものです。詰まりを自分で修理する際は専用の道具が必ず必要です。

ホームセンターなどに行きますと、パイプクリーナーという工具が販売されていますのでそれを利用します。この工具をわかりやすく説明しますと、太い針金の先端にらせん状になった突起物がついています。使い方はそれほど難しくはなく、その工具を回しながら排水管の中に押し入れていくだけです。先端についていますらせん状の突起が詰まりの原因となっているものを押し出していくやりかたです。この工具を使いますと、一般家庭の詰まりの多くは解消されますが、それでもダメなときは業者に依頼するのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *