水漏れ修理を解決しよう

オフィスビルなどで起きてしまう水漏れの修理の手順

会社の場合は、自社の建物で営業をしていたり、自社ビルを建てて営業をしている会社もありますが、多くのケースでは賃貸物件に入居して営業をしていることが目立ちます。

自社オフィスを建てるには莫大な費用が掛かってしまうので、中小企業の多くは賃貸を利用しているものです。賃貸のオフィスを利用していて、オフィス内にトイレやキッチン、洗面台が備わっている環境も珍しいことではありません。水回りが整っていることで、快適なオフィス空間にできるものですが、時には水漏れが起きてしまうこともあり、修理をしなければ自主的に直すことはできない状態になることも想定できます。賃貸オフィスでの水漏れの修理では、勝手に修理をすることは避けた方が賢明です。

多くの事例で管理会社が入っているので、まずは管理会社に水漏れの報告をすると共に、修理会社の手配を依頼することが先決です。一般的には賃貸の場合、費用は管理会社、若しくは物件のオーナーが負担をするものなので、持ち出し金はゼロと考えても間違いはありません。故意や過失が無く、普通に使っていた状態であれば、管理会社の範囲となることが通例です。

しかし、ここには問題が出てしまう可能性もあり、管理会社の反応が良くない場合、営業時間の関係性で時間内に修理を済ませることができない問題などがあり、不都合さを感じることも少なからず起きています。対策は意外と簡単で、管理会社側で上手く対応できないのであれば、その旨を伝えることです。

入居している会社側が都合に合わせて手配をして、その領収書を管理会社側に送付するという了承を得ることで、問題なく早急に解決させることは問題はありません。管理体制がきちんとしていないオフィスビルは予めこの方法を知っておくと便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *