水漏れ修理を解決しよう

水漏れの修理は自分で行える

浴室や台所、洗面所の蛇口から水漏れしているのを目撃したら、業者に修理をお願いしたくなるかもしれません。

でも、実は蛇口の水漏れは自分でも修理ができます。自分で修理を行う前に、まずは蛇口と水漏れの状況を確認しておく必要があります。蛇口には大きくわけて、シングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓の2種類があります。シングルレバー混合水栓は1つだけついているレバーを動かすだけで水の量や熱さを調節できる蛇口で、ハンドル混合水栓は冷水と温水の2つのハンドルを使って水の熱さを調節する蛇口です。

シングルレバー混合水栓は水量と温度の調節を簡単に行うことができ、ハンドル混合水栓は壊れにくい構造をしていて修理しやすいのが特徴です。シングルレバー混合水栓の水漏れの原因のほとんどは、水量や温度の調節を行っているバルブカートリッジの故障です。バルブカートリッジはホームセンターや通販で簡単に入手できるため、予備を一つ購入しておくと水漏れが起きたときにすぐに対応できます。

固定されているわけではなく取り外しや交換も容易にできるため、修理の手間もかかりません。ハンドル混合水栓はパーツが多いため、水が漏れている原因となった部品を特定する必要があります。もっとも多いケースは、ハンドルの下部が原因となっていることです。水道を利用するときに必ずハンドルをひねるので、負担がかかりやすく故障しやすい部位であるといえます。原因の特定は大変ですが、直す場所によってはナットを締めるなどの簡単な作業で直せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *